クレンジングが肌に悪いというのは本当か?

クレンジングは肌に悪いからやめたほうがいいと聞いて石鹸洗顔に移行している人も多いようです。

実際にクレンジングシートなどは洗浄力が強く刺激も強くなります。

さらにシートタイプの場合だと拭く力もあるので更にダメージがあります。

固形石鹸は天然由来の成分で出来ています。

そのため、環境に優しく肌に安全なものになっています。

また、他の洗顔剤に比べ泡立たせるのが難しいので自然と少量になるので結果的に長持ちになり経済的な面もあります。

デメリットとしては固形石鹸を友人や家族とシェアするとバクテリアが増えることもあるので注意しましょう。

美肌の基本は洗顔からと言われるくらいに大切にされている洗顔ですがみなさんはどのようにケアしていますか?クレンジング効果もある洗顔クリームなどを利用している方も少なくないと思いますがこれらのアイテムの多くは強力な界面活性剤が入っていると言えます。

肌ケアのことを考えると洗顔石鹸を使いたいところです。

その際の石鹸の使い方・洗顔の流れとしては手で泡立てて、マッサージする要領で顔全体を泡で覆い汚れを浮かして取ります。

その後はすすぎをするのですがこすらずに水で洗い流しましょう。

水分をタオルで吸い取る際にもこすらないようにしましょう。

保管方法としては乾燥させることが基本となります。

みなさんはメイクを落とす時に使うクレンジング剤をどのような面を重視して選んでいますか?忙しくて時間のない方は簡単なシートタイプを選ぶ人も多いと思います。

こういったドラッグストアなどで市販されているメイク落とし用品は肌へ与えるダメージを考慮するとあまりお勧めできません。

肌の健康を考慮すると天然由来成分の洗顔石鹸を使いたいところです。

天然由来の成分でできているので肌への刺激が弱い反面、メイクなどを落とす力もその分少し弱まっているのでメイク落としに時間が必要なデメリットもあります。

みなさんの生活環境や肌質などに合わせて選んでください。

肌の問題ではクレンジングが最も重要らしいです。

メイクを落とし綺麗にすることをクレンジングと言われています。

メイクを落とす際、シートタイプやオイルタイプなど様々な種類がありますが、これらの多くはメイクを落とすために洗浄力が強いことも多く肌への刺激が強すぎるという話もあります。

そんな方におすすめなのが洗顔石鹸を利用することです。

洗顔用に作られているので肌への刺激がマイルドになっています。

刺激が弱くなる代わりに洗浄力が少し落ちているので時間はかかってしまいますが刺激を抑えつつメイクや汚れを落とすことができます。

選ぶ際は実際に使っている人の口コミなども参考になります。

ドラッグストアで買い物をした時にたまにサンプルをもらうことがあります。

そのサンプルが化粧水やメイク落としなどのクレンジング剤の場合があります。

その際、いつも使用している商品と同じなら安心ですが違う商品の場合、肌質にあうか不安になります。

仮に肌質に合ってもダメージが心配という人もいるようです。

そういった方の多くは肌に優しい天然由来の成分で作られている洗顔石鹸を使ってメイク落としをしているようです。

石鹸を選ぶ場合でも他のメイク落としや化粧品を選ぶように乾燥肌の方にはオリーブオイルなどオイル成分が含まれているものを選ぶなど成分に注意してスキンケアしましょう。

メイク落としにクレンジングクリームやオイルを使っている人も多いと思いますが肌へのダメージを考えると洗顔石鹸で落とすのが良いそうです。

その理由としてはそういった商品の多くが洗浄力が強いので肌への刺激もその分強くなっているからです。

そのため、洗顔専用の石鹸を使ってメイクを落とす人もいます。

選び方は、ひとりひとりの肌質によって変わります。

最も基本的な例としては、乾燥肌の方の場合は高い保湿成分が配合されたものがおすすめです。

ホホバオイルなどの皮脂に近い成分が含まれていると安心ですね。

オイリー肌の場合では、洗浄力最優先と思う人も多いですがただ、オイル成分が配合されているとニキビの原因にもなるので注意しましょう。

美白・美肌のために様々なスキンケアを行なっている方も多いと思います。

スキンケアで重要とされていることを知っていますか?答えは洗顔です。

中にはクレンジング時にW洗顔不要と書いてある商品を使用している人も少なくないのではないでしょうか。

理想的なスキンケアという点から見ると正解とは言えません。

なぜかと言うと洗顔剤とメイク落としの両方の効果を持つということは片方の効果が弱くなっていると考えられるからです。

例えば、メイクを落とす力が強い場合、肌への刺激もその分強くなり保湿などを目的とした洗顔効果は相対的に低くなってしまいます。

最も理想的とされているのがメイク落とし後に洗顔石鹸を使用することです。

メイクをする方にとってクレンジングは避けては通れないですよね。

その際、肌へのダメージが心配という人も多いのではないでしょうか。

実際に化粧を落とせるということは強い洗浄力を持っていることになり、その分ダメージも強力とされています。

ダメージの原因として大きいのが界面活性剤です。

ただ、メイクを落とす際には界面活性剤は避けられず、肌へのダメージをなくすことは不可能と言えます。

ただ、肌質に合ったものを選択すると負担を最低限にすることができます。

また、メイク落とし後に洗顔石鹸で洗顔をするのも人気なようです。

中にはダブル洗顔はしないようにしましょうという話を聞いたことがあるかもしれませんがメイク落としで使うシートなどと石鹸では落とす汚れが異なります。

クレンジング後にダブル洗顔をやると肌に良いと知り合いに聞いたのですが洗顔時には洗顔石鹸と洗顔クリームなどの洗顔剤のどちらを使うと良いのでしょうか。

長所・短所を簡単に比較してみましたので参考にしてください。

固形石鹸のメリットとしてはなんといっても天然由来の成分でできているので肌に安全という安心感や泡立てさせるのが難しいので少量を使うことになり結果的に長持ちすることが挙げられます。

デメリットとしては、保管方法を間違えると細菌が繁殖しやすいことなどがあります。

洗顔フォームのメリットとしてはネットを使わなくてもふわふわの泡ができることや容器がプラスチックなので清潔に保ちやすいことです。

デメリットとしては合成界面活性剤が必ず入っていることなので少なからずダメージがあることです。

ネット上の記事を見ているとクレンジング後に洗顔をした方がいいと出てきますがその際、洗顔石鹸で行うと良いと書いてあることが多いです。

なぜ「洗顔」とついているかというと多くの場合、顔を洗う際に使用されているのは洗顔石鹸・化粧石鹸のどちらかです。

この2つの違いとしては、化粧石鹸は顔を含めた全身を洗うための石鹸となっておりもう一つは固形石鹸に比べ、水に分解されにくいので環境汚染につながります。

逆に固形石鹸のデメリットとしてはバクテリアが繁殖しやすいことが挙がりますが顔の皮膚は全体的に約0.6mmしかない場所もあるくらいデリケートなので全身用の化粧石鹸で洗うと肌の潤いを守る皮脂まで洗い流してしまう可能性があるので洗顔に特化した石鹸が存在するそうです。

参考:どろあわわの口コミって?毛穴の開き&シミ効果や成分を検証