株取引が初心者なら確定申告のことを考えて源泉徴収ありの特定口座の設定にしておく方がいいでしょう

初めての株取引であるなら確定申告のことを配慮して、源泉徴収ありの特定口座を取引口座にしておくことをオススメいたします。
煩雑な確定申告の作業や調査に費やす時間をなるべく減らして、その代り、株式投資のための情報を調べ回ることに集中することができるからです。
私はこの間、株を始めたばかりのビギナーです。
株を買い付けて、適度に儲かったら、ただちに売るべきなのか、逆に、長期保有した方が利得になるのかが理解できず、未だに苦慮しています。
長く手元に置いていると、優待も得られますし、悩んでしまうところです。
株を持っている場合、自身の資金に対する利回りを意識するのではと思います。
銀行に預けていたとしてもさほど利息がつかない現在では、定期預金や国債、投資信託や債券に比べ、利回りが悪くては投資の意味がまったくありません。
しっかりと利回りを意識しながら投資をすることが重要なのです。
ご存じかと思いますが、株へ投資する方法には、現物取引と信用取引があります。
やっぱり株を始めたばかりの人には、リスクの高い信用取引は推奨できません。
自分の資金内で売買ができる現物取引が間違いなくおすすめです。
入金した以上に損するリスクがありません。
また、株主優待を目的として長く株を保有するのも一つの投資方法ではないでしょうか。

NISA口座開設キャンペーン