自営業住宅ローン審査は甘いの?申し込む時気になるポイントとは?

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですから、一般的には銀行の住宅ローン相談を申し込む方が多いです。
住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。
マイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは現金調達の事でしょう。
たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。
ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。
支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険を掛けます。
これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時借金が0円になる。
という保険です。

自営業住宅ローン審査通るには?【頭金・年収基準甘い銀行!】