外国人向けの就職ってなにがありますかね?

日本で外国人が就職するためには、自分なりのアピールがあることが重要です。
日本語も、母国語もぺらぺらに話せるという人ならばそのこと自体がスキルとなり、就職先も決めやすくなります。
語学教師や通訳として働くためには、二カ国語を両方とも話せるくらいの語学力を身につけておくことが条件です。
就職する際には、語学ができる人を探している会社を探します。
外国人に限った話ではないですが、就職では資格やスキルを持っていると有利です。
慢性的な人手不足に陥っている介護業界では、資格を持つ人を常に求めています。
政府の方針で外国人の資格取得を支援しているものもあります。
ただし、日本の資格を取得するには日本の国家試験に通過しなければいけません。
ひらがな五十音、カタカナ五十音、そして二千を超える常用漢字がある他、問題文中に困難な言いまわしが多いことが試験の難易度を跳ねあげています。
日本語を取得することは、外国人には困難なことが少なくありません。
よほど日本語が得意な人でない限り、日本語に頼らない業種を希望する外国人は多いようです。
実のところ、外国人が日本で、日本語なしで生きていくことはほぼ不可能でしょう。
少なくとも日本での就職を目指すのならば、外国人でも日本語は修得しましょう。
介護福祉士通信講座比較ランキングまとめ【合格するコツとは?】